どうもみなさんかるみろです。今回の記事は修理に出していたX202Eが返ってきたのでそのことについて記事にしていきたいと思います。
P_500
 
なぜ今回私はX202Eを修理に出したのか。それは、X202Eのキーボード部分が壊れてしまい、入力しても反応しなくなったからです。

そこでまだ保証期間内でしたのでASUSのほうに問い合わせて修理という形になりました。

修理に出すときは修理する本体(今回はX202E)と保証書、購入時のレシートを用意して段ボールに入れて代金受取人支払いにして出しました。

 そしてこのページ(https://www.asus.com/jp/support/Repair-Status-Inquiry/?country=Japan)にて修理状況を確認しました。

出して数日後ASUSのほうから修理の見積もりについて電話がかかってきました。

キーボードの修理は無料ですが、へこみの傷を治す場合は20000円ほどかかると言われ私は、キーボードの修理のみをお願いしました。
そしたら3日くらいで修理が完了し、X202Eが返ってきました。

 今回、修理にかかった期間は、6/9から6/20です。ASUSはサポートが悪いと聞いたことがあり、もっと日数がかかるんだろうなと思っていましたが、結構速くて驚きました。

 ということでX202Eが修理から帰ってきたお話でした。