2015y03m05d_150049389

今回GALAXYアンバサダーにてGALAXY S5 Activeをレンタルさせて頂いたので、この場を借りてレビューをさせていただくこととなりました。

このスマートフォンのレビューは複数パートに分けて紹介していきます。
 
Written by: never0200 
今回借用させていただいたSC-02GことS5 Activeは、その名の通り防水・防塵・耐衝撃を強力に備えた頑丈なモデルです。
この機種のCMにおいても、アウトドアスポーツや過酷な環境においてでもその耐久性を発揮していることをメインに紹介しています。

今回のPart1においては、本体の細かい機能ではなく、「使用した実際の感覚など」にスポットを当てます。

私自身もこのS5 Activeにはそのようなイメージ(いわばau 京セラTORQUE)を持っており、同じく「そういった(過酷な)場面」向けなのだろうか、という印象が強かったです。
しかしながら実際に持ってみて使って分かったことは、「普通の環境でも十二分に良い携帯」であることでした。
というのも、耐久性はさながら、普通に使用する場合でもとても使いやすいということなのです。


2015y03m05d_151346557


Galaxy S5 Activeの本体には表面以外には、カメラやフラッシュ以外に光沢部分はありません。
一見これは滑りそうに思えるかもしれませんが、 これが以外とすべらないのです。
本体側面の素材がとてもグリップがよく、不意の落下や衝突がとても少ないことが大きな利点となっています。
また、 耐久がキャッチコピーであるからかこの素材であっても傷がつきにくいという利点もあります。

使用していて強く感じたのが、 「ケースを付けずに使いたい」ということです。
・・・多くの携帯はおそらく全く同じ意見になり得るのですが、S5 Activeの場合は違っていて。
「ケースを付けずに使いたいほど頑丈で、何もないほうが心地が良い」ということです。
多少なりと
も大げさかもしれませんが、意外とこう思ってしまうもので。
大抵のケースはクリアケースやTPU、シリコンなどがありますが、それらが持つ素材のタッチが余計ではないかと感じるほどS5 Activeの触り心地、持ち心地は心地よいものとなっています。
端末の中身(OSやメーカーカスタム)の飽きなさは大事ですが、それ以上に本体の見た目や感じなども大きな要素と成り得るので、頑丈なうえに確かなホールド感があるこのS5 Activeは長く使うにあたって良い携帯になると私は感じました。
 

 2015y03m05d_200227043


しかしながら、完全防水防塵耐衝撃というキャッチコピーにおいても短所は存在しており、借用している間でもその「短所」が意外と大きかったことも印象に残っています。

写真にも写っているように、S5 ActiveのUSB microポートはキャップ防水です。 このキャップは確かに「ちゃんとふさがっている安心感」はあるのですが、過去にキャップ防水端末でキャップが外れやすいという端末があったように、今は大丈夫でもこの先ずっと外れずに使えるか・・・という不安はなきにしもあらずと感じました。
とはいえ、構造を見た限り簡単には壊れないような頑丈な構造をしていたのでそこまで心配はいらないはずですが。 
キャップ防水の対岸というかの存在に「キャップレス防水」の存在がありますが、こちらもこちらで錆びる心配や防水がしっかり効くのか心配であったりと、防水への機能も一長一短でトレードオフなのかもしれません。そう考えると、完全に防水してくれるキャップ防水は、手間を考えても安心感が大きいのでベターと捉えられるでしょう。

2015y03m05d_201056141

USB端子はキャップ防水ですが、オーディオジャックはキャップレス防水です。確かにActiveという名前と使用用途からすればベターですが、一応の処理としてジャック内の水気を取る必要がある場合があります。
とはいえ・・・防水というものの特性上仕方ありませんが。


2015y03m05d_201917196


 おそらく写真を見た人の多くが気になる(?)であろうハードウェアキーについてですが、
率直な感想としては「誤操作が少なく快適」です。
オンスクリーンキーとハードウェアキー間では大きく好みが別れており、キーによって購入を決めるかどうかさえの判断基準とまで化していますが、このS5 Activeにおいては用途が用途であるために手袋を使ったまま操作することも想像されるため、ハードウェアキーは仕方ないとも言えるかもしれません。

 2015y03m05d_204152770
少し気になった点として、ボタン類です。
写真左のアクティブキーは特に問題なく(後記事述)、各ボタン配置や形状も使いやすいものとなっています。
しかし、電源ボタンや音量ボタンが多少押されやすいかなとも感じました。つまり、誤って押してしまうことが少なくないということです。
硬すぎるのも良くないですが、すこし押しにくくてもいいのではないかと感じました。

--

Part1のまとめとして、 持ち心地や感覚はとてもよいです。
「突出した面白さ」は必要ですが、このS5 Activeは「頑丈である安心感」 が大きく安心して使うことができると思います。

とはいえ、バックカバーが少し外れやすいという問題も報告されているようで、 落下衝撃でとれてしまったりという話も出ています。実際、バックカバーは本体の頑丈さに比べて少し心もとないような感じがしました。
しかし触っていての評価はたかく、とても丁寧に作られていると強く思いました。

 「強さを、アソベ」というキャッチフレーズがS5 Activeにありますが、私はそれだけでなく「メインの通常使用にもおすすめ」であると思いました。 触り心地や頑丈さ、様々な点からおすすめできます。

次回はActiveの内部、すなわち挙動などをレビューします。

この端末は、GALAXYアンバサダープログラムから借用させて頂いております。